季刊誌 NAGAKUTE 雑人とは?

↓SNSでシェアしてね

長久手市観光交流協会

長久手市観光交流協会発足について

平成28年1月発足。実は、遡ること10余年。平成17年に長久手市をメイン会場に開催された愛知万博を機に長久手市観光交流推進会議が設立され「観光交流によるまちづくり」が取り組まれてきました。
平成19年第1次観光交流基本計画。平成27年第2次観光交流基本計画。「あったかいふれあいのある、居心地のいいまち 長久手」を基本理念目標像としています。これに基づきさらに「長久手オリジナル観光交流まちづくり」を推進するため、市民、大学、企業、関係団体、行政との連携を図りつつ民間活力を発揮する協会として新たな船出をしました。

「長く久しく手をつなぐまち」でありたい。
地域振興は地域の力で。

どんな時代でも、そこに住む人たちが力を合わせて暮らしを守る・・・そんな先人たちの気合いと智恵と努力が「観光交流」という言葉にしっかりと受け継がれていると思います。人と情報が集まりまじわって賑わいが生まれ、つながりが深まり、なりわいがうるおい、地域の力がたくわえられ、暮らしが続いていくのだと思います。
自然の営みに学び、先人たちへの感謝を忘れず、現在と次代へ向けて「観光交流によるまちづくり」を推進していきます。

活動の意義

長久手市「観光交流まちづくり」を進めることにより、本市の地域資源である農、健康、福祉、文化を発掘、育成し相互に関連づけながら、長久手市の魅力をより高めていく。

長久手オリジナルの観光資源(地域資源)を活かし、「ながくてスタイル」を創造し展開する。
(第2次長久手市観光交流基本計画より)

目標

「市民が快適に(住み心地よく)楽しく(ふれあって)暮らし、自ら住む地域に誇りを持ち、そして市民と来訪者が心豊かに交流し(ふれあい)、来訪者にとってもいい(居心地のいい)まち」にしていくことを目標とする。
(第2次長久手市観光交流基本計画より)

役割と取り組み

役割
市(行政)、市民・大学・企業・関係団体との連携の要、事業の企画・実施、連携事業の調整・先導
取り組み
(1)観光交流推進の事業計画づくりと組織化・体制強化
(2)関係団体の連携の場づくり
(3)まちの魅力向上や観光交流の担い手育成事業の実施・推進
(4)情報の収集・発信

雑誌 人おこし「雑人」

長久手は、こんなところです。
長久手には、こんな人がいます。
長久手には、こんなモノがあります。
長久手では、こんなコトをやっています。

そんなことを、雑人的に紹介して
ここに暮らす人々や、
長久手を訪れる人々が
出会い、交流することを
起こしていきたいと願う情報誌です。

バックナンバーをご要望の方は、長久手市観光交流協会までご連絡ください。